仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

仏壇をお祀りする

仏壇を購入する時期

仏壇を購入する時期

仏壇を購入する時期ですが、最も多いのが大切な方を亡くした時です。
すでに仏壇をお持ちの方で、家を新築される場合の買換も多くあります。
また、法事や仏事に合わせてすでにある仏壇を買い換える方も多くいらっしゃいます。

四十九日までに購入しなくても大丈夫

大切な方を亡くされた後にお仏壇を購入す場合、四十九日の法要までに購入するのが一つのタイミングとなりますが、四十九日までに購入しないといけない、という理由はありません。四十九日までは悲しみの中にあり、落ち着いて仏壇購入のことを考えることができないこともあります。
「四十九日までに購入する必要がある」と強く勧める仏壇店で購入することはお勧めできません。
お仏壇は必ずしも四十九日までに購入する必要はありません。慌てて購入して後悔される方も多くいます。

百ヶ日・初盆をめどに購入します

その後の法要である百ヶ日は「泣くのをやめる頃の法要」と言われるように、その時期になれば落ち着いてお仏壇のことを考えることもできます。また、初盆まで待ってお買い求めになられる方もいます。

実際に仏壇店で購入することをお勧めします

インターネットでお仏壇を購入することも出来ますが、自分の想いを託する仏壇であれば、店舗で購入することをお勧めします。店舗で購入すれば、実際のお仏壇の大きさ、お仏具を置いた時の感じがよく分かります。

仏壇と仏具を選びながら癒やされる心

大切な方を亡くされてお仏壇を購入する場合、仏壇仏具選びの過程で、あなたの悲しみは癒やされます。仏壇店のスタッフの方に、故人の人生とあなたの思いを語ることで、故人の魂がぴったりと安住できる仏壇仏具を選ぶことが出来ます。この癒やしはネット購入では得ることが出来ないものです。また供養の方法などを仏壇店から聞くこともできます。

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)