仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

仏像百科

平安時代/教王護国寺(東寺) 梵天・帝釈天

平安時代 教王護国寺(東寺) 梵天・帝釈天 空海が国を護るため真言密教に基づいた立体曼荼羅として如来・菩薩・明王・四天王とともに造像。 伝統にとらわれない大胆な想像力が発揮されている。木心乾漆像。

もっと読む

平安時代 法華寺 十一面観音菩薩

  平安時代 法華寺 十一面観音菩薩 光明皇后をモデルとし、その力強さと優美さは後の観音像の表現に大きな影響を与えた。 一木造で垂髪や瞳などは銅製。

もっと読む

平安時代 神護寺 五大虚空蔵菩薩(蓮華虚空蔵菩薩)

平安時代 神護寺 五大虚空蔵菩薩(蓮華虚空蔵菩薩) 虚空蔵菩薩の五つの智恵を五体の菩薩像で表した五大虚空蔵菩薩の内の1体で肉身の色は赤 檜の一木造だが両腕のひじから先は別材、部分的に木屎漆を用いる 金剛界の五智如来の変化 […]

もっと読む

平安時代 観心寺 如意輪観音菩薩

平安時代 観心寺 如意輪観音菩薩 六観音のひとつ 手は六臂で右膝を立てた姿 乾漆技法を駆使した豊かな体軀、化粧を施したような顔は、この頃からはじまる密教美術の官能的な表現

もっと読む

平安時代 教王護国寺(東寺) 四天王(広目天・多聞天)

平安時代 教王護国寺(東寺) 四天王(広目天・多聞天) 仏教世界の四方を守る守護神のうち、 右・広目天=「浄天眼」といわれる特別な眼で世の中を観察し、衆生を導き守る「西方」の守護神 左・多聞天=説法の場を整える役割の「北 […]

もっと読む

平安時代 教王護国寺(東寺) 四天王(持国天・増長天)

平安時代 教王護国寺(東寺) 四天王(持国天・増長天) 仏教世界の四方を守る四人の守護神のうち 右・持国天=領土を守り、人々を安心させてくれる「東方」の守護神 左・増長天=生育、増長する力から五穀豊穣を司る「南方」の守護 […]

もっと読む

平安時代 教王護国寺(東寺) 五大明王

平安時代 教王護国寺(東寺) 五大明王 空海によって造営された、密教において成立・発展した忿怒相の仏。 不動明王(中央・大日如来の化身) 左から軍荼利明王(南方を守護)、大威徳明王(西方を守護)、 金剛夜叉明王(北方を守 […]

もっと読む

平安時代 勝常寺 薬師如来

平安時代 勝常寺 薬師如来 欅の一木割矧造、光背は5~7cm厚の一枚板。 8世紀末~9世紀初には東北地方にも仏教文化か定着し始め、福島県勝常寺の薬師如来像は、 奈良時代後期の畿内の仏像を手本にしたような様式

もっと読む

平安時代 宝菩提院願徳寺 菩薩半跏像(伝如意輪観音)

平安時代 宝菩提院願徳寺 菩薩半跏像(伝如意輪観音) 檜の一木造で像高88.2cmと檀像風(小像・一材・緻密・素木)の小像で、複雑な衣文や、瞳に黒石を嵌め、 二重瞼で切れ長な眼の表情は、中国・唐時代の彫刻の影響か

もっと読む

奈良時代 神護寺 薬師如来

奈良時代 神護寺 薬師如来 塑像・乾漆像・銅像にかわり 榧(かや)の一木造 素木 鑑真渡来の影響により唐の新しい仏像表現が展開された

もっと読む

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)