仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

仏壇店に行ってみよう

仏壇店に行ってみよう

亡くなったおばあちゃんが仏壇店で働いていたので、小さいころお店によく遊びに行っていた。とてもなじみがある場所でした。色々な種類の仏壇を眺めていた為、目が肥えてしまったような気がします。

関東・女性・四十歳代

仏壇を拝む母の姿は美しかった。

四国・男性・三十歳代

過剰なしきたりや多すぎる法事には賛成できませんが、祈るためのお墓や仏壇は必要だと思う。要は祈る「心」が一番大切なのだと思う。

関東・男性・四十歳代

仏壇と言えば、数年前に亡くなった祖母を思い出します。叔父(私の父の兄)が10代半ばで戦争で亡くなり、祖母はその事をずっと悔やんでいたようで、朝夕必ず仏壇に飾ってあった小さな叔父の写真に話しかけていたのを覚えています。仏壇は亡くなった後も、故人との繋がりを感じることの出来る大切な場所なんだと思います。

沖縄・男性・四十歳代

母が亡くなり仏壇を買うことになり仏壇店にいきました。宗派によって金箔の貼り方が異なるくらいの知識しかありませんでした。お店に行くと昔からの『ザ仏壇!』というのではなく、サイズやデザインが今風というか変わったものもあってとても驚いた思い出があります。

近畿・女性・三十歳代

仏壇は故人に会いにいける、手軽な場所として我が家ではとても重宝している。

関東・女性・三十歳代

仏壇の思い出は、子供のころ、仏間でよく兄弟と遊んでいたので、怖いイメージはなく、新築して立て替えた今となっては良い思い出です。クリスマスプレゼントがなぜか仏壇にありました。

甲信・女性・四十歳代

私は仏壇がありませんでしたが、母は亡くなる前に、私の位牌を仏壇に供えてほしいと言われ、仏壇を購入しました。購入時に仏壇店の主人に仏具の説明、仏教のいわれの話を聞き感動しました。それからは毎日仏壇に手を合わせ感謝の気持ちを伝えています。

東海・男性・六十歳代

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)