仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

仏壇仏具商品紹介

大阪屋仏壇店(南九州市川辺) 

仏壇仏具商品紹介

大阪屋仏壇は伝統型仏壇から都市型モダン仏壇までを製造するメーカーです。伝統的工芸品川辺仏壇産地にあり、全国伝統工芸品仏壇仏具展には常に出品し、上位入賞も常に果たしています。下に掲載した製品は、2015年開催の第22回伝統的工芸品仏壇仏具展で日本伝統工芸士会会長賞を受賞した仏壇です。


伝統的工芸品川辺仏壇産地にある大阪屋仏壇店を代表するブランド仏壇が「かがやき」シリーズです。ここに掲載する「かがやき」20号は漆仕上げ、木地には紅松を使用する本格製品です。


この製品は少し小型の漆仕上げ製品。伝統的工芸品川辺仏壇で、すべて川辺の職人が作り上げた製品です。

大阪屋仏壇店(南九州市川辺)18号漆仕上げ伝産品

川辺仏壇
   大阪屋仏壇店18号
   漆仕上伝統工芸品


大阪屋仏壇店が得意とするのが、モダンスタイルの塗り蒔絵仏壇です。「16号桜」は欄間に桜の彫刻を入れ、扉には枝垂れ桜から舞い落ちる桜を蒔絵で描いています。下段には花に舞う蝶を、須弥壇下でも蝶の蒔絵を描きます。材質は米ヒバ材です。


この製品は「16号桜」と同様の蒔絵を配置した製品ですが、下台に変化をもたせ、洒落た雰囲気に仕上げています。16号製品ということは胴体の幅が約48㌢ということになります。


この製品、都16号は内陣下に花丸蒔絵を入れ、戸裏には散りゆく紅葉を描いた、季節感あふれる製品です。下台の取っ手金具は桜の透かしが入っています。


16号永寿は表扉の円窓を金で仕上げ、四季の花々を描いた製品です。仏壇内部は伝統的な柱と屋根を入れており、安心してお祀りして頂くことができます。


工場では木地・下地・塗り・金箔金粉・蒔絵・組立までの一貫した工程を持ち、皆様の細部にいたるご要望にお応えできます。


大阪屋仏壇店 鹿児島県南九州市川辺町永田4204番地 TEL.0993-56-1620  FAX.0993-56-5788

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)