仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

第12回わが家のお仏壇物語

佳作「お仏壇からの自己紹介」松尾奈央子(愛知県・34歳)

私には3歳で亡くなった弟がいる。私が5歳の時だった。それ以来、母に倣ってお仏壇に手を合わせたり近況報告をすることで、弟とのコミュニケーションが取れているような気がしていた。なぜかお仏壇の前に正座をして話しかけると心が落ち […]

もっと読む

佳作「わが家のお仏壇ができるまで」大嶺さつき(沖縄県・32歳)

「学校連れていこうか」朝食のあとで祖父が言った。 「うーん」と気乗り薄の私。何で連れていこうとするんだろう。物心ついたころから、運動ができなかった。難しい漢字がいくつも並ぶ神経系の病気で、どこかの筋肉を激しく動かすと反比 […]

もっと読む

佳作「お仏壇は母の縁側」増渕明仁(愛知県・54歳)

「えつこ〜、えつこ〜」 生前父は、母の姿が見えないと、いつもきまって縁側から母を呼びました。 一緒にお茶が飲みたくて、好物のきんつばを食べさせたくて、時には、用事がなくても呼んでいました。 やれやれまた呼んでるよ。家族は […]

もっと読む

佳作「お仏壇に祈る時」板倉仙祐(愛知県・59歳)

  仏壇はその家のメモリーボックスだ。 私が中学生の頃の話である。 家に昔からあった仏壇は老朽化がひどくなり、買いかえる事になった時の話だ。 それまでは、 「位牌の数が多くて仏様の姿が見えん」 という有様で、古 […]

もっと読む

佳作「書斎のお仏壇」 土屋恵理(三重県・45歳)

14年前、57歳で逝った父は、無類の読書好きだった。脳裏に浮かぶ父はいつも書斎におり、机に何冊もの本を積み上げていた。何冊もの本を、同時進行で読むほどの多読家だったのだ。そんな父について、私が18歳の時、書き記した小文が […]

もっと読む

金賞 「娘をよろしく」 坂井和代(石川県・55歳)

青い海青い空。 ハワイで主人の姪の結婚式に参加した。 式の最後には、両親とハグしてから渡すレイサービスがある。 育てて貰った両親とのハグは見ているだけで、感動して目頭が熱くなった。 そして私の結婚式の時の父を思い出してい […]

もっと読む

銀賞  「我が家のお仏壇」 及川 守(宮城県・71歳)

「おじいちゃーん、こはるね、頑張って一位になったよ」 二年生の孫が、息をはあはあさせ帰ってきた。持久走大会一位の表彰状を手にして、 「よかった、よかった。さあ、なむなむ様にお知らせしようね」 表彰状を仏壇の前に飾ると、孫 […]

もっと読む

銅賞  「お仏壇の謎」 太田莉里佳(福岡県・10歳)

私のおじいちゃんは、私が生まれた年に、亡くなりました。だから、私はおじいちゃんのことは、あまり知りません。知らないことは、いっぱいあるけれど、おばあちゃんに聞くと、いろいろなことを教えてくれます。 最近、なぜかな、と思う […]

もっと読む

銅賞  「ごちそうは、モクモク」 丸山ゆかり(静岡県・30歳)

「おじいちゃんのゴハン、もう下げちゃうの?おじいちゃん、可哀想だよ!」 仏壇に供えた白飯を三十分足らずで下げた母を私は責めた。 大好きな祖父が亡くなって二か月。毎朝、仏壇に白飯と水を供えるのは私の仕事だった。 「おじいち […]

もっと読む

八田神仏具店賞  「お仏壇が結んだご縁」 高田政明(滋賀県・40歳)

「高田さんって、毎朝出がけに、お仏壇に手を合わせてくるでしょう?」 職場で席を並べる同僚女性から、ある日、ふいにそう聞かれた。 「そうだよ。でも、どうして分かったの?」 僕は、驚いて尋ね返した。 「朝、高田さんが職場に入 […]

もっと読む

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)