仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

わが家のお仏壇物語

第5回「わが家のお仏壇物語」入選作品発表

第5回フォトエッセイコンテスト「わが家のお仏壇物語」は2013年2月20日で締め切りとなり、全83作品を応募して頂きました。いずれの作品も秀作揃いでしたが、審査の結果以下のように金賞以下の入選作品が決定いたしました。入選作品に関しては順次掲載して行く予定です。


審査委員長木内堯大先生のお言葉

お仏壇は日本人がほこるべき、見事な工芸品であり、芸術作品と言える。しかし、お仏壇がどんなに立派であっても、それだけでは不十分である。

毎日、お仏壇にご挨拶をし、お供えをする。念仏やお経などをあげて、仏様やご先祖様に感謝をする。このような日常を繰り返すことにより、お仏壇は信仰の対象となり、一層の価値を増すのである。

今回も、多くの作品を送って頂いた。いつにも増して、優秀な作品や心を打つエッセイが多く、選考にはとても苦労した。

皆さんの作品を見て感じたことは、人は仏壇に接すると正直になるということである。言葉を発しない仏様やご先祖様が相手だからこそ、自らの心を丸裸にすることができるのであろう。生きている間には素直に接することができなかった相手でも、仏壇を通すと不思議と本当の心を打ち明けることができるようである。したがって、全ての作品に通じるのは、仏壇の心の拠り所としての価値であった。

日本人の宗教心はかけてきていると言うが、まだまだ可能性は残されていることを感じることができた。


入選作品

◎ 金賞(商品券20,000円)

「お仏壇になった兄嫁」 成瀬 富貴子(岐阜県・70歳) 2013年4月掲載

◎ 銀賞(商品券10,000円)

「まんまんちゃん、あん」 吉岡 恭子(大阪府・37歳) 2013年4月掲載

◎ 銅賞(商品券5,000円)

「ええ仏壇」 米山 晴巳(岡山県・49歳) 2013年4月掲載

◎ 八田神仏具店賞(商品券5,000円)

「仏壇で今もつながる祖母と祖父」 谷本 綾乃(東京都・42歳) 2013年4月掲載

◎ 田中佛檀賞(商品券5,000円)

「月命日のお供え物」 八木 睦美(静岡県・40歳) 2013年4月掲載

◎ メイクリーン賞(商品券5,000円)

「仏壇と祖母とバレンタイン」 石山 雅代(石川県・33歳) 2013年4月掲載

◎ 佳作(匂い袋)

※入選作品の著作権は(株)宗教工芸社が所有しています。無断転載を禁じます。

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)