仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

第3回わが家のお仏壇物語

佳作「お仏壇の思い出」小西欣一(大阪府・75歳)

わが家の仏壇は、家のほぼ中央にある縦長五畳の仏間の西側にあった。篤信の祖父が建てた立派な建物であったが、築百年を越える二階建ての木造は、天井の梁が折れ更に外側の梁にもひびがはいり、危険な状態になった。
 両親も亡くなり無人の家であったが、仏間は祖父や父を思い出す場所であり、同じ敷地の自宅から毎日お参りに行く大切な所であった。毎月お参りに来て下さるお坊さんと相談をし、建物を撤去した跡へ平屋の仏堂を造る事になった。建築の申請を出したところが、なかなか許可が下りない。そこで祖父が有名なお寺の納骨堂(京都・知恩院、和歌山・高野山奥の院、大阪・滝谷不動尊、他)を寄進した事や、お参りの多い事などを書きしたため役所へお願いに行き、やっと許可を頂いた。
 今日もお花やお供えをして、手を合わせて来た。生きさせて頂いている事に感謝する毎日である。

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)