仏壇選びの達人

専門紙「月刊宗教工芸新聞」が提供する
仏壇と仏壇店情報

第4回わが家のお仏壇物語

佳作「両親も満足だろう」樹久田明輝(岩手県・75歳)

両親は一年以内に相次いで他界しましたので黒檀ならぬ、ヒノキ作りの等身大の仏壇にしました。  以前の金箔の仏壇では黒くすすけてしまっていたからです。
 両親とも生前は熱心な仏教信徒でしたので奮発したのです。仏壇に向かう都度ローソクや線香では内部が変色しますので親戚の来客のときとかTPOを選んで灯明を点します。
 そのせいか10年以上も過ぎているのに新品同様な感じがします。

祈りをかたちに 全日本宗教用具共同組合
仏壇公正取引協議会
祈ってみよう、大切な誰かのために。PRAY for (ONE)